クリスタのグロー効果でイラストを仕上げる

こんにちは。
あべべし君です。

今回は、クリスタの「グロー効果」について解説します。
イラストの仕上げに、よく使用される効果です。
とても簡単に、イラストのクオリティを高めることができます。

グロー効果の比較イラスト
クリスタのグリー効果比較イラスト

≪ザックリ手順≫

  1. イラストを完成させる
  2. 完成レイヤーを複製する
  3. 複製レイヤーの「色調補正」をする
  4. 複製レイヤーに「ぼかし」を入れる
  5. 合成モードを「スクリーン」に変更
  6. 「不透明度」を調整して完了

≪グロー効果のメリット≫
・作品のクオリティを簡単に高められる
・人物の明るい肌が、輝いて見える
・明るい素材が、輝いて見える
・「人物」と「背景」が馴染み一体感を出せる
⇒ダウンロード素材を使用した時の、不自然さが減る。


≪作業時間の目安≫
大体2~3分で終わります。


≪使用ソフト≫
●CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)
https://www.clipstudio.net/

≪備考≫
・クリスタ以外のイラストソフトでも可能です。
・クリスタのバージョンが上がっても作業の流れは同じです。
↑「どうなっているのか」を理解できれば、どんな環境でもグロー効果が扱えます。

イラストを完成させる
クリスタでイラストを完成させる
グロー効果は「仕上げ作業」なので、イラストを一旦完成させましょう。
完成レイヤーを複製する
クリスタのレイヤー複製
完成レイヤーを複製します。
操作は、「完成レイヤー」⇒「右クリック」⇒「レイヤーを複製」です。
複製レイヤーの「色調補正」をする
クリスタの色調補正
「編集」⇒「色調補正」⇒「レベル補正」の順に押します。
クリスタのレベル補正
「レベル補正」が表示されました。
「入力」の部分に、3つ「^」が並んでいるのが確認できます。
グロー効果の下準備としてレベル補正をかける
一番左の「^」を、右に寄せてイラストを暗くします。

≪備考≫
「明るい部分」と「暗い部分」を分けるため、この作業が必要です。
「暗い部分」は、グロー効果が出ません。
「明るい部分」は、グロー効果が出ます。

複製レイヤーに「ぼかし」を入れる
クリスタのガウスぼかし
「フィルター」⇒「ぼかし」⇒「ガウスぼかし」の順に押します。
ガウスぼかしのぼかす範囲指定
「ぼかす範囲」を決められます。
今回は、大体「20」で決定しました。
ぼかす範囲が大きいほど、「発光感」の強いイラストに仕上がります。
この辺りは、好みで調整しましょう。

≪備考≫
「明るくする部分」の、範囲を広げる仕込みです。
ばかしを入れないと、グロー効果の「発光感」が無くなります。

合成モードを「スクリーン」に変更
クリスタの合成モード(スクリーン)
レイヤー編集部分から、「合成モード」を探します。
※初期状態だと「通常」と書かれている部分。
「通常」から「スクリーン」に変更します。
クリスタの合成モードでレイヤーを重ねる
「スクリーン」の適応後に、明るい箇所が発光していたら成功です。

≪備考≫
「スクリーン」は、重ねたレイヤーの「明るい部分」を強くしてくれます。
「暗い部分」は強くならない、超便利な合成モードです。
試しに「オーバーレイ」を選択してみてください。
「オーバーレイ」だと、「暗い部分」と「明るい部分」が両方強くなります。

「不透明度」を調整して完了
クリスタの不透明度を調整
「スクリーン」の横に、「不透明度調整」のバーがあります。
初期状態が「100」です。
数値を減らすほど、グロー効果が薄くなります。
好みに応じて、調整しましょう。
今回のイラストでは「80」を選択しています。
グロー効果のイラスト完成
光の雨と傘をさす女の子イラスト(カクヨさん)
これでグロー効果付きのイラストが完成しました。
とても簡単なので、是非一度お試しください。
著者:管理人【あべべし君】
あべべし君 「ゲーム実況」「VTuber」「イラスト創作」「マンガ創作」の分野で活動中。ゲーム歴は30年以上。ゲームは「80%極める」のが得意。ジャンル問わず、「そこそこ上手い」と言われる人。イラストは、オリジナルのキャラクターをメインに創作。「マウス」や「ゲームコントローラー」で創作するのが得意。定期的に、オリジナルのマンガも創作している。
大人の暇つぶし《トップへ戻る》